天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. (株)モンベル会長といく立山三山縦走路登山 第2回事前研修
 

(株)モンベル会長といく立山三山縦走路登山 第2回事前研修

「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」の新たなる事業として実施

7月22日付けで既に本事業の第1回事前研修を掲載したが、8月25日に生駒山麓公園において行われた第2回事前研修の様子を紹介する。

事業計画

  • 第1回研修(7月14日・モンベル本社) 事業説明=登山の基礎知識の学習・登山装備の扱い方・会社見学
  • 第2回研修(8月25日・生駒山麓公園) デイキャンプ=テントの設営・食事調理指導
  • 立山三山縦走路登山(9月6日~8日) 立山雷鳥沢をベースキャンプとして、立山三山を縦走
当日は本学の岡田龍樹教授をはじめ、本学学生、天理医療大学、滋賀大学などから8人が参加。モンベルの講師2人から登山装備、ザックやジェットボイル、登山靴、テントの設営などの実際的な扱いを学んだ。
 
装備では登山の服装から水分補給、食料、地図の扱い、救急セットなど細かく指導を受けた。またモンベルの最新のザックの扱い方では、その調整の仕方で背負う負荷が変わることを実感した。昼食では実際の登山用の食料を調理して味わい、テントも各自で設営してその手順を確認した。

途中から本学客員教授の辰野勇モンベル会長も参加し、ロープワークを実演して野外活動の知識が緊急時に身を守ることや登山靴の履き方のコツなどを指導。参加者一同、9月6日から8日の本番に向けて充実した一日となった。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ