天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. E.S.S.が五外大英語弁論大会で完全優勝の快挙
 【クラブ】

E.S.S.が五外大英語弁論大会で完全優勝の快挙

五外大英語弁論大会で完全優勝の快挙!

第37回五外大弁論大会で上位を独占した天理大学E.S.Sのメンバー

 12月13日関西外国語大学で行われた「第37回五外大弁論大会」で英米語コース2年次生の才加志明洋君(写真左)が優勝、辻美沙希さん(英米語コース1年・写真中)が第2位、赤穂真理子さん(同・写真右)が第3位と個人賞を独占し、上位3人の成績の合計点で争われる団体戦も自動的に優勝となり、本学E.S.S.が完全優勝。1970年代のE.S.S.の活躍を彷彿とさせる快挙を成し遂げた。

 優勝した才加志君は「目標の団体優勝がかない感激している。全ての賞が独占できたのは、ひとえにみんなのサポートのおかげ」、辻さんは「先輩や同期の笑顔で落ち着けた。支え、励ましてくれたみんなに感謝したい」、赤穂さんは「目の前に仲間の笑顔があり、私の心には応援してくれた友人や家族の顔が浮かんだ。本気で挑戦し、一緒にやる仲間がいる素晴らしさを感じた」と喜びと周囲への感謝を口にした。
 五外大弁論大会は関西の大阪大学(旧大阪外国語大学)、神戸市外国語大学、京都外国語大学、関西外国語大学と本学の5大学のE.S.S.からそれぞれ3人ずつが出場し、個人戦と団体戦で競うもので、英語力向上と大学間の親善に大きな役割を果たしている。

関連情報

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ