天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 関西の5外大スピーチコンテストで池戸大津子さんが優勝!
    団体でも本学(ESS部)が優勝
 【クラブ】

関西の5外大スピーチコンテストで池戸大津子さんが優勝!
団体でも本学(ESS部)が優勝

 大阪外国語大学、関西外国語大学、京都外国語大学、神戸市外国語大学と本学の5大学間で英語のスピーチを競う「第33回5外大スピーチコンテスト」は、12月18日、京都外国語大学で行われ、本学のヨーロッパ・アメリカ学科英米語コース2年次生の池戸大津子さんが優勝した。また団体の部でも、本学ESS部が優勝した。

 今大会から1・2年生だけで成果を競うことになった同大会には、各大学から12人が出場、本学から出場した池戸さんは「Love Revisited:To Unite Our Fragmented Society」と題してスピーチを行い、見事優勝に輝いた。
 スピーチは、池戸さんが育った天理教教会と両親の活動をとおしての体験談。「私たちの回りには、たすけを必要としている人がいるかもしれない。その人のために、自分のことを少しわきに置いて、自分の時間をつかえば、今の社会は少しよくなるかもしれない」と主張した。
 優勝できた事に池戸さんは、「緊張してうまくスピーチできなかったので、自分ではあまり満足していない。優勝できたこと自体はうれしいが、ちょっとくやしい」と話している。
 また、ESS部長の渡邊俊君は、「本人たちの努力と先生方や部員のサポートなどがあって、団体優勝という結果を出せた。昨年は2位だったが、優勝ということに価値があると思う。今後も各自がスキルアップして次のステップにつないでいきたい」と語った。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ