天理大学

進路・資格・就職の支援について

医科医療事務検定試験対策講座

病院の「経営」を支える医療事務の実務能力をはかる医科医療事務検定の合格を目指します。

  景気に左右されない業界のひとつに医療業界があります。医者は『病気』を、看護師は『患者』を扱いますが、医療事務は病院の『経営』を支える仕事です。仕事内容は、受付・カルテ管理・会計・PC入力など多岐に渡ります。私たちが病院に行くと、概ね1割~3割の診療費を病院に支払い、残りは病院が治療内容を点数で計算し、保険会社や国に保険料を請求します。この点数計算こそが、医療事務の最重要の仕事(レセプト業務)です。今後「超高齢化社会」を迎えるにあたり、医療事務スタッフの需要はますます高まっていくでしょう。医科医療事務検定とは、その医療事務実務の能力を評価する尺度となるものです。
講座3級・2級対策
対象学年全学年次生
内容本講座は医科医療事務検定3級及び2級試験の合格を目指すためのものです。
医療保険制度の仕組みから点数算定の基礎、明細書(レセプト)の作成まで、医療事務者としての必要な技能と知識を学習します。
検定試験は学内で行いますので、普段と同じようにリラックスして受験できます。
受講料(テキスト代含む)【3級対策】
 16,000円 ※23,000円

【2級対策】
 3級対策講座受講者 13,000円 ※18,000円
 3級対策講座非受講者 21,000円 ※27,000円
コマ数【3級対策】90分×17コマ
【2級対策】90分×17コマ
申込期限平成29年4月28日(金) 17時まで
 ※は本学大学院生、卒業生の金額です。
このページの先頭へ