天理大学

  1. HOME
  2. イベントカレンダー
  3. 第79回企画展「墳墓の護り手—鎮め護り彩る品々—」
 【附属天理参考館】

第79回企画展「墳墓の護り手—鎮め護り彩る品々—」

開催趣旨

古代中国で死者を邪悪な存在から護るために墳墓に納められた品々を展示します。
古代中国の人々は、死後の世界とそこでの生活を想定し、生前世界とは異なった危険が存在すると考えていました。死後に魂や肉体を苦しめる邪鬼の類は大きな恐れの対象であったのです。
展示品を通して古代の人々の死後に対する「恐れ」と「備え」を知っていただきたいと思います。

開催内容

◆会期:2017(平成29)年4月12日(水)~6月5日(月)
◆会場:天理参考館3階企画展示室1・2
◆主催:天理大学附属天理参考館
◆後援:奈良県天理市、奈良県教育委員会、天理市教育委員会、毎日新聞奈良支局、NHK奈良放送局

関連イベント

記念講演会『文化的視点から考える死生観における「障り」と「癒やし」』
日時:2017(平成29)年5月20日(土) 午後1時30分から午後3時
講師:頓宮 勝氏(奈良教育大学・特任教授)
場所:天理参考館 研修室
受講料:入館料のみで受講できます(大人400円)
定員:100名(当日先着順)

トーク・サンコーカン墳墓の中の不思議な世界—墓を護る奇妙なモノたち—
日時:2017(平成29)年4月22日(土) 午後1時30分から午後3時
講師:青木 智史(天理参考館 学芸員)
場所:天理参考館 研修室
受講料:入館料のみで受講できます(大人400円)
定員:100名(当日先着順)
※引き続き、企画展示室にて展示解説を実施します。

関連講演会「古代中国の冥界観と神仙世界を探る」
日時:2017(平成29)年5月12日(金) 午後1時30分から午後3時
講師:青木 智史(天理参考館 学芸員)
場所:天理参考館 研修室
受講料:入館料のみで受講できます
定員:100名(当日先着順)
※引き続き、企画展示室にて展示解説を実施します。

ワークショップ
「紙粘土で霊獣を作って色を塗ろう!」
日時:2017(平成29)年5月27日(土) 午後1時30分から3時30分
講師:青木 智史(天理参考館 学芸員)
場所:天理参考館 研修室
参加料:500円
定員:20名(要事前申込み・小学校低学年以下は保護者同伴)

ギャラリートーク(展示解説)
日時:2017(平成29)年4月26日(水)、5月26日(金) いずれも午後1時30分から
場所:天理参考館 3階企画展示室

関連資料

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ