天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 創作ダンス部が全日本高校・大学フェスティバルで文部科学大臣賞(第1位)受賞
 【創作ダンス部】

創作ダンス部が全日本高校・大学フェスティバルで文部科学大臣賞(第1位)受賞

 8月10日から13日にかけて開催された第34回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)の創作コンクール部門(大学の部)において、天理大学創作ダンス部が、第1位となる『文部科学大臣賞』を受賞しました。
 
 天理大学創作ダンス部は1969年創部で、これまでにこの大会で、神戸市長賞、奨励賞、特別賞、審査員賞など数々の賞を受賞。昨年は、実質2位相当である『NHK賞』を受賞し、今年、第1位となる『文部科学大臣賞』を初受賞しました。
 
 受賞作品の「正気と狂気の狭間で—アンリ・ルソー『戦争』を見つめて—」は、アンリ・ルソーが「戦争は到る所に恐怖と絶望を残し、涙と廃墟を後に通り過ぎていく。」というメッセージを込めて描いた絵画の『戦争』を通して、学生が自分自身の生き方を見つめて創作したものです。
 
 絵画の中に見られる狂気や欲望は自分の中にも存在するが、極限の状態に追い詰められるなかで何度も湧き上がる孤独、絶望、恐怖、怒り、悲しみ、苦しみといった狂気の渦に飲まれることなく、どんな時にも自分を保ち、抗い、強く生きていきたいというメッセージが、この作品に込められました。
 
 創部53年目にして、コンクールの頂点を極めた天理大学創作ダンス部。22名の部員が一つに踊る今大会の様子は、下記の通りの日時で放送される予定です。
 
第34回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)
【放送時間】
9月3日(土)15:00~16:00(予定)NHK Eテレ

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ