天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 大野将平選手、二大会連続金メダル
 【お知らせ】

大野将平選手、二大会連続金メダル

東京五輪、柔道男子73キロ級に出場した大野将平選手(2013年度体育学部卒・2018年度体育学研究科修了)が、2016年のリオ大会に続き、二大会連続の金メダルに輝きました。

大野選手は、二回戦、三回戦、準々決勝戦を一本勝ちで収め、準決勝戦で技ありを奪い決勝進出を決めました。

決勝戦では、ジョージアのラシャ・シャフダトゥアシビリ選手と対戦。ゴールデンスコアに突入し、9分25秒、支え釣り込み足で技ありを奪って勝利し金メダルを獲得、五輪連覇を果たしました。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ