天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 松岡 薫講師の著書『俄を演じる人々—娯楽と即興の民俗芸能—』が出版されました。
 【歴史文化学科 考古学・民俗学研究コース】

松岡 薫講師の著書『俄を演じる人々—娯楽と即興の民俗芸能—』が出版されました。

松岡 薫(著)、森話社、2021年2月18日、6400円+税

その年の祭礼だけで上演され、台本や記録を残さないことが多い「俄(にわか)」という芸能があります。世相風刺や機知に富む滑稽なこの芝居は、いつ頃から作られ、どのように上演されてきたのでしょうか。

私は、調査研究されることが少なかった俄について、約10年間にわたって北部九州で現地調査を続けてきました。俄を演じる青年たちの活動に密着し、俄の制作と上演の様子をつぶさに観察して、この即興芸能が創出される現場を、一冊の著書としてまとめました。

今日、祭りのなかで俄を演じる地域は段々と少なくなっています。本書を通じて、地域に伝わる「俄」という芸能文化の一端に触れていただければ嬉しいです。(松岡 薫)

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ