天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 『史文』21号を発刊しました。
 【歴史文化学科歴史学専攻】

『史文』21号を発刊しました。

 史文会は、歴史文化学科歴史学専攻(2019年度より歴史学研究コース)の卒業生・教員を中心にした、歴史の研究会、親睦会です。年1回、会誌『史文』を発行しています。3月19日、卒業式にあわせて、21号を刊行しました。
 宮崎亮太論文は、1927年に起こった北丹後地震で被害の大きかった網野・峯山・岩滝・府中の復興の具体像を取り上げ、あわせて慰霊と記憶の継承について論じています。芝﨑大樹論文は、白川家の「諸国勧遷留」を用いて、主に武蔵国での稲荷信仰の広がりを明らかにしています。ともに2017年度の卒業論文です。

  目次
論文 
  北丹後地震からの復興と慰霊・記念について 宮崎亮太 
  白川家の稲荷勧請 芝﨑大樹
歴史学の窓
  今の仕事に就くまで 北浦祐介
  人文科学的手法に基づく歴史実証研究の重要性
   —アメリカ合衆国による日本開国を巡って— 小暮実徳
歴史学専攻だより 
  歴史学専攻の一年
編集後記

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ