天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 宗教学科特別講義(2018・秋)を開催しました。
 【宗教学科】

宗教学科特別講義(2018・秋)を開催しました。

2018年度秋学期 宗教学科特別講義

宗教学科では、毎年春・秋の2回特別講義を開催しています。秋学期の特別講義では、宗教学関係の著名な研究者をお招きし、専門的なテーマについて、できるだけ平易にお話をしていただいています。

今回は10月30日(火)に、上智大学外国語学部准教授の伊達聖伸先生に講義をしていただきました。

特別講義のタイトルは「ライシテとは何かー「フランスの厳格な政教分離」をずらすー」でした。会場は宗教学科の在学生に加え、学内外の関心のある方々の聴講で、満席となりました。
伊達先生のご専門は近・現代フランスの宗教思想で、この講義では、フランスの政教分離政策として知られる「ライシテ」について、一般にイメージされるような厳格なものとしてではなく、むしろ錯綜した歴史的経緯のなかで変遷してきたものとして、写真や風刺画などを用いながら、丁寧にご説明くださいました。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ