天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 天野忠幸准教授が『松永久秀と下剋上』を出版しました。
 【歴史文化学科歴史学専攻】

天野忠幸准教授が『松永久秀と下剋上』を出版しました。

 信貴山城(奈良県平群町)に籠り、織田信長に背いた松永久秀は、主君を暗殺したり、将軍を殺害したりした「下剋上」の代表として、マンガやゲーム、ドラマに描かれています。しかし、それは久秀の本当の姿でしょうか?
 実はこれらは江戸時代初期につくられたイメージで、事実とは異なります。
 それでは久秀は、自らを登用してくれた三好長慶に仕えた、単なる忠臣に過ぎなかったのでしょうか?
 久秀は、自分を南朝の名将楠木正成になぞらえ、北朝の足利将軍に対峙します。また、天皇の後宮女房を娶り、公家社会に人脈を広げました。そして、興福寺の目の前に、近世城郭の先駆けとなる豪華絢爛な多聞山城(奈良市)を築きます。
 こうした動きを、武家・公家・寺家によって構成される室町社会の改革と位置付け、戦国時代の「下剋上」の実像を見ていきます。(天野忠幸)

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ