天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 2018年度 天理大学入学式を挙行
 【キャンパスライフ】

2018年度 天理大学入学式を挙行

 4月1日、2018年度天理大学入学式が、杣之内第1体育館で挙行され、新入生860人(学部生830人、大学院生23人、編入学7人)が、天理大学での学生生活をスタートさせました。
 式典に先立ち雅楽部による演奏と舞が行われ、入学式に花を添えました。
 式典は、「入学許可者発表」に続き、「学長式辞」が英語で行われました。
 永尾教昭学長は、「天理大学には、三つの柱があります。それは『宗教性』『国際性』そして『貢献性』です。皆さんには、是非、この三つを修めて、社会の発展に寄与する人材になって頂きたいのです。」(日本語訳)と希望し、また、「天理大学の伝統を作るのは皆さんです。私たち教職員と力を合わせ、素晴らしい大学を築きましょう。どうか、実り多き学生生活を送られることを心から希望します。」(日本語訳)と式辞を締めくくりました。
 その後、 新入学生の代表宣誓、 校歌斉唱が行われました。
 

新入生の一言

  • 友達をたくさんつくって楽しみたい。がんばって勉強していろいろな資格も取りたい。(人間学部)
  • 将来の夢はまだはっきりとは決めていないが、博物館学芸員や教員の資格をとりたい。下宿なので、寂しいときもあると思うが、友達もできるので大丈夫だと思う。(文学部)
  • クラブ活動をがんばりたい。また、海外の人たちともたくさん交流したい。将来は外資系企業に就職したい。(国際学部)
  • 体育の教員になるという夢があるので、実現できるようにしっかりがんばっていきたい。(体育学部)
  • 学べることをたくさん学んで充実した4年間にしたいと思う。将来についてもこの4年間で考えたい。(人間学部)
  • 観光関係の会社に就職したい。しっかり勉強してできれば留学もしたい。運動が好きなのでスポーツ系のサークルに入りたい。(国際学部) 

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ