天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 『史文』20号を刊行しました。
 【歴史文化学科歴史学専攻】

『史文』20号を刊行しました。

  歴史学専攻には、卒業生・教員で構成する史文会があり、会誌『史文』を年1回発行しています。
3月22日に『史文』20号を刊行しました。論文2本と卒業生からの寄稿などを掲載しています。
中原克敏論文は関ヶ原合戦の時に消極的だと思われていた毛利輝元が、実は西国支配や徳川家康との対決に積極的で野心的であったと結論付けています。堀友也論文は、日中戦争・太平洋戦争中の宝塚歌劇で演じられた時局物の分析を通して、銃後の女性に対する思想戦略を見出しています。ともに2016年度の卒業論文です。4年間の勉学の集大成として力作になりました。

目次は以下の通りです。

論文 関ヶ原合戦期における毛利輝元の動向  中原克敏
宝塚少女歌劇団と日中・太平洋戦争  堀友也
歴史学の窓 今を生きて思う事  福元志郎
卒業から1年を経て  松島雄之介
ご挨拶  幡鎌一弘
歴史学専攻だより

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ