天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 宗教学科特別講義(2017・秋)を開催しました。
 【宗教学科】

宗教学科特別講義(2017・秋)を開催しました。

2017年度・秋 宗教学科特別講義

宗教学科では、毎年春・秋の2回特別講義を開催しています。秋学期の特別講義では、著名な宗教研究者をお招きして、最新の宗教研究の理論や事例についての講義をしていただいています。

今回は、宗教学科の渡辺優 講師が、第34回「渋沢・クローデル賞」及び2017年度「日本宗教学会賞」をダブル受賞したことを記念して、渡辺先生に特別講義を担当していただきました。

講演のタイトルは、「『信』の言葉に耳を澄ます—神秘主義研究の新地平」でした。会場は宗教学科の学生や教職員で満員になり、渡辺先生の長年の研鑽にもとづく力のこもった言葉に、みな真剣に耳を傾けていました。

宗教研究の理論ばかりでなく、実在した宗教者の力ある言葉は、知識や研究の枠を超えて、多くの人々の魂を揺り動かす原動力になります。当日紹介された思想家や研究者の名前や業績には少し不案内な学生たちも、紹介される神秘思想家たちの生の声には大きな刺激を受けたようです。時代や地域の遠く離れた歴史事象ではなく、現在の自分たちの信仰について考える得難い機会になりました。

また、当日の講義の冒頭において、宗教学科から渡辺先生に謝礼兼御祝をお渡ししました。何も特別なお祝いはできませんが、参集した教職員・学生より大きな拍手が送られ、多くの人々が心から渡辺先生の活躍を讃え、受賞を祝いました。今後のさらなるご活躍を期待しています。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ