天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 生涯教育専攻が「てくてく天大」を開催
 【生涯教育専攻】

生涯教育専攻が「てくてく天大」を開催

11月11日、秋も深まり銀杏の黄葉も鮮やかな杣之内キャンパスで、人間学部人間関係学科生涯教育専攻が、奈良県最古の鉄筋コンクリート建造物といわれる天理大学一号棟を会場に「てくてく天大~歩いてまわる博覧会~」を開催しました。これは、昨年までのウォーキングフェスタ「てくてくてんり」が今年から大きく変わり、「天理の秋を盛り上げよう」をテーマに、天理市主催から市内地域団体主催のイベントとして開催されたものです。

当日は「天理市山の辺の道ボランティアガイドの会」主催のウォーキングイベント「ボランティアガイドと歩く“プチ”てくてんり」の参加者が来場し、学生の企画した「天理大学のあゆみ」(年表や大学の出来事、大学祭のプログラム、各クラブの優勝トロフィーや楯などを展示)を鑑賞し、「てくてくカフェ」で天理産の柿の葉茶と「イチョウリーフパイ」で天理の味を堪能してもらいました。

主催学生の声

  • 長谷川良理さん(2年・コアメンバー)
今年は「てくてくてんり」の開催方法が大きく変り、生涯教育専攻主催の行事としていかに結果を出すかに苦労しましたが、参加者から「展示が懐かしかった」「柿の葉茶がおいしかった」などの感想をいただき、達成感を感じることができました。

  • 富永なつみさん(2年)
イチョウリーフパイは、生涯教育専攻と地域の福祉団体が運営するだるまのパン屋さんとのコラボ商品ですが、地元産の柿の葉茶とともに参加者のかたに喜んでもらえてうれしいです。授業で学んでいることを活かせる場で、教科書では分からないことが学べました。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ