天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 倉持史朗准教授の著書『監獄のなかの子どもたち』が、『図書新聞』3309(2017年7月1日)号で紹介
 【社会福祉専攻】

倉持史朗准教授の著書『監獄のなかの子どもたち』が、『図書新聞』3309(2017年7月1日)号で紹介

人間学部社会福祉専攻の倉持准教授(児童福祉・社会福祉史)の著書が、「感化教育や監獄改良の実態を歴史の文脈のなかで描破」というタイトルで紹介されました。
 
 本書は、日本の非行・犯罪児童や監獄(刑務所)で生まれ育つ「携帯乳児」の問題、その歴史的経緯について正面から取り組み、人びとの「視界の外に追いやられていた」近代の「影(暗黒)」の部分に光をあてた重要な研究であると紹介されています。
 
 評者は室田保夫氏(京都ノートルダム女子大学特任教授・関西学院大学名誉教授)
 

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ