天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 賃貸のマサキと天理大学による「学生が住みたいワンルーム プロデュース」プロジェクト始まる
 【生涯教育専攻】

賃貸のマサキと天理大学による「学生が住みたいワンルーム プロデュース」プロジェクト始まる

 6月5日、天理大学の生涯教育専攻共同研究室において、「賃貸住宅のマサキ」(正木商事株式会社)の関係者と生涯教育専攻の1年生6人による「学生が住みたいワンルーム プロデュース」プロジェクトのキックオフミーティングが行われました。

 このプロジェクトは、以前から地方創生推進事業に関心を持ち、地元奈良・天理への地域貢献を考えていた正木商事から、天理大学にプロジェクトの提案があったもので、生涯教育専攻の谷口直子講師が担当となり実現の運びとなりました。このプロジェクトは大学としては短期インターンシップの扱いとなります。
 プロジェクトの概要は、地元のオーナーが運営している実際の物件を、「学生の学生による、学生のための部屋」をテーマにして学生が提案し、実際に改装までを手掛けるものです。
 
 キックオフミーティングでは、名刺交換・自己紹介、正木商事からの趣旨説明、谷口講師によるプロジェクトの進め方、意見交換、キャリア支援課あいさつが行われました。意見交換では、実際に手掛ける物件の見取り図や賃料などの資料が提示され、早速具体的な意見交換が交わされました。
 
 今後の進め方としては、男女2人一組のグループ対抗で案を出し合い、7月初旬に物件オーナーにプレゼンテーションを行って採用案を決定し、部屋の改装に取りかかります。改装終了後、完成報告会を行う予定です。
 
 学生たちの目指す「心を整える」部屋へ、どんなアイデアが出てくるか、楽しみなプロジェクトです。
 

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ