天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 2017年度 天理大学入学式を挙行
 【キャンパスライフ】

2017年度 天理大学入学式を挙行

4月1日、2017年度の入学式が杣之内第1体育館で挙行され、新入生804人(学部生780人、大学院生16人、編入学8人)が、新たに天理大学の学生として第一歩を踏み出した。
式典は、入学許可者発表に続き、学長式辞が英語で行われた。
永尾教昭学長は、「天理大学には、三つの柱があります。それは『宗教性』『国際性』そして『貢献性』です。皆さんには、是非、この三つを修めて、社会の発展に寄与する人材になって頂きたい」(日本語訳)と述べ、また、「この大学を作るのは皆さんです。私たち教職員と力を合わせ、素晴らしい大学を築きましょう。どうか、実り多き学生生活を送られることを心から希望します」(日本語訳)と新入生たちへ激励の言葉を贈った。
その後、 新入学生の代表宣誓、 校歌斉唱が行われた。 

新入生の一言

  • 天理大学は天理教について学べる大学なので、4年間通して天理教について学んでいきたい。(三橋秀雄・人間学部)
  • 将来の夢が未定なので、将来のことを決めるためにいろいろな勉強をたくさんしたい。(阿部妃理・人間学部)
  • 中学校の国語教師を目指して頑張りたい。高校時代と違って何事もきちんとしていきたい。(山中大暉・文学部)
  • 英語の勉強を頑張り、イギリスかアメリカに留学したい。将来はホテルに就職したい。また、友だちをたくさんつくって4年間楽しみたい。(椎野瑠那・国際学部)
  • 天理大学は留学制度が整っている。目標は交換留学なので、時間を無駄にしないようにしっかり勉強したい。また、友だちもたくさんつくりたい。(浅井大征・国際学部)
  • 高校ではバスケットボールをしていたが、大学はレベルが高いので入部を迷っている。体育教師になれるように勉強を頑張りたい。(木林萌茄・体育学部)
  • 高校に天理大学出身のたいへん良い先生がおられて、天理大学に行ったら自分も良い教師になれると思い入学した。高校の体育教師を目指して頑張りたい。(飯野友里花・体育学部)
 

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ