天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 身体運動文化学会第21回大会開催報告
 【体育学研究科体育学専攻】

身体運動文化学会第21回大会開催報告

10月22日(土)、23日(日)の2日間にわたり、身体運動文化学会第21回大会が本学体育学部キャンパスにおいて開催された。
この学会は、スポーツや武道、舞踊、芸能、祭りなどの身体運動を中核とする活動を、別々のものとしてではなく、一つの文化、すなわち身体運動文化として捉え、学問領域の枠を越えて研究する学会である。
今大会は「日本人と身体運動」をテーマとして、はじめに本学体育学部の湯浅晃教授が「『武道』の成立過程」と題した講演を行った。その後、公開シンポジウム「大和地方の信仰と身体文化」が開催された。シンポジストとして本学おやさと研究所の幡鎌一弘教授、宝蔵院流高田派槍術の一箭順三先生と前田繁則先生、蹴鞠保存会の上田恒弘先生と山本隆史先生をお迎えし、大和地方の信仰・宗教と身体文化の関係性について、武芸・芸能の実演を見ながら、本学体育学部の田里千代教授(コメンテーター)を中心に議論を行った。
2日目には、一般研究発表が行われた。その中でも本学大学院生の吉本陽亮(体育学研究科体育学専攻2年)君が若手奨励賞を見事受賞した。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ