天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 英語圏留学帰国報告会を開催
 【留学・国際交流】

英語圏留学帰国報告会を開催

10月17日、英語圏留学帰国報告会が、iCAFé (アイ・カフェ)で、学生と教職員26人が参加し開催された。5月のドイツ、6月の韓国に続き、今年度3回目の留学帰国報告会。
今回の報告会では、5人の交換留学(オハイオ州立大学、ブルネイ・ダルサラーム大学、リジャイナ大学、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校、マレー州立大学)経験者が、1人ずつ順番に報告を行った。留学経験者たちは、スクリーンに地図や資料、写真を示し、留学先の国や大学の情報、寮やホームステイの様子、旅行した都市や参加したイベントなども紹介した。また、大学での勉強や留学費用、治安などの説明や、経験者しか分からないホームステイや寮でのエピソード、日常生活の細かいアドバイスなども行った。留学希望者たちは、興味深い話に聞き入りホームステイなどについて質問し、その後の情報交歓会でも、各大学のさらに細かな点について熱心に質問を行った。

留学希望者の話

阪口芽依奈(英米語専攻1年)さん
リジャイナ大学かマレー州立大学に留学したいと思っていたが、いろんな大学の報告を聞いて他の大学も良いと思った。しっかり勉強をしないといけないと向上心が生まれた。

吉川愛美(英米語専攻2年) さん
留学先の大学を悩んでいたので、報告会でどこの大学でどのような勉強ができるのか分かった。また、実際に行った先輩方のお話を聞くことができたので、イメージが掴め留学試験に向けて頑張ろうと思う。

留学経験者の話

辻井大望(英米語専攻4年)さん
留学は誰にとっても新しい経験が多く、日本にいては得られない成長にもつながっていくと思う。これから留学する人たちは、いろんなことを考えると思うが、英語力をより高めるだけではなく、留学で何を学ぶか、明確な目標を持って頑張ってほしい。
 
清水奈都美(英米語専攻4年)さん
英語圏の留学はアメリカやカナダに行く人が多いが、ブルネイは英語も学べるし、イスラム教の文化で日本とは全く違う文化なので、今までの世界観が大きく変わるような国。ぜひ、新たな選択肢としてブルネイを選んでほしい。
 
 

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ