天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 連続シンポジウム「グリーフケアの可能性③」天理大学にて開催
 【歴史文化学科考古学・民俗学専攻】

連続シンポジウム「グリーフケアの可能性③」天理大学にて開催

第3回シンポジウム天理大学にて
第3回シンポジウム天理大学にて
 3回にわたる連続シンポジウム「大切な人を失った悲しみを抱いて—グリーフケアの可能性」は、9月24日(土)、天理大学にて無事に幕を閉じた。オーストラリアからジャーナリストのヘレン・ブラウンさんをお招きした今回のシンポジウムは、第1回「子どもの死を考える」を9月19日に東北大学宗教学研究室(仙台)にて、第2回「グリーフケアを身近に」を22日、東京天理ビル9階ホール(神田)にて、そして第3回「出産の場におけるグリーフケアの可能性」を24日に天理大学で開催した。
右から永尾教昭学長、ヘレン・ブラウンさん、安井眞奈美文学部教授、通訳の安井幹直さん(天理教海外部翻訳課)
右から永尾教昭学長、ヘレン・ブラウンさん、安井眞奈美文学部教授、通訳の安井幹直さん(天理教海外部翻訳課)
 天理大学でのシンポジウムは、永尾教昭天理大学学長の挨拶から始まり、主催者の文学部教授・安井眞奈美が趣旨説明を行った。その後、ヘレン・ブラウンさんが「子どもを失った哀しみを抱いて」と題して、ノンフィクション作品『クレオ』を基にした基調講演を行った。さらに、大阪大学医学部附属病院胎児診断治療センター副センター長の遠藤誠之さんが、産科医療の現場でのグリーフケアの実践と課題について発表し、宮城学院女子大学非常勤講師の鈴木由利子さんは、子どもの死を考える視点を提示して、流産や死産の哀しみを抱く人々とともに活動をされている「With ゆう」の取り組みを紹介した。また、天理大学おやさと研究所教授の堀内みどりさん、お茶の水女子大学名誉教授の波平恵美子さんが発表についてコメントし、全体を通してのディスカッションとなった。
 
 当日は、医療従事者を含む多くの方々が参加し、ヘレンさんにはさまざまな質問が寄せられた。ヘレンさんは質問に答えながら、「愛する人を失った哀しみを乗り越える必要はなく、それを受け入れ、明るさを失わず過ごしていくことが大事」とのメッセージを伝えた。
 シンポジウムの成果について安井教授は、科研の報告書としてまとめ、より多くの方々に伝えていきたいと抱負を語った。
第2回シンポジウム東京天理ビル9階ホールにて
第2回シンポジウム東京天理ビル9階ホールにて
仙台を拠点に活動中の「With ゆう」の展示を、東京、天理にても行う
仙台を拠点に活動中の「With ゆう」の展示を、東京、天理にても行う

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ