天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 文学部 飯島吉晴教授 最終講義
 【歴史文化学科考古学・民俗学専攻】

文学部 飯島吉晴教授 最終講義

最終講義の様子
 1月18日(月)3時限目に、文学部歴史文化学科考古学・民俗学専攻 飯島吉晴教授の最終講義が行われた。
 講義では、「民俗学への道—われいかにして民俗学徒となりしか」と題して先生の生い立ちから、天理大学に赴任されるまでの経緯を、1960年代後半~1970年代の民俗学の研究動向にも触れながら、詳細に語られた。また、「何事もはじめが肝心」と学生たちにメッセージを送られた。
 
本や資料を示しながら講義中の飯島教授
 飯島教授は、平成2年に赴任されてから四半世紀にわたって、本学で教鞭をとられた。
 長きにわたり、本当にありがとうございました。
 
花束贈呈

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ