天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 天理市、天理市自立支援協議会と社会福祉専攻が主催 第6回わくわくショップを開催
 【社会福祉専攻】

天理市、天理市自立支援協議会と社会福祉専攻が主催 第6回わくわくショップを開催

10月25日、第6回わくわくショップが、天理本通りにある「てんだりーcolors」(天理大学の情報発信基地)と天理駅前広場で開催された。これは、天理市、天理市自立支援協議会と本学人間関係学科社会福祉専攻が主催して、天理市内の障害福祉サービス事業所と一緒に授産品を販売するイベントである。

当日は社会福祉専攻などの学生十数人とダンスチームが参加

第6回を迎えた今回は各事業所の物品販売のほかに、「てんだりーcolors」では、ロッキー高田さんによる紙芝居や餅つき大会が行われ大いににぎわった。

当日は本学の社会福祉専攻とボランティアサークル「マンモス」の学生十数人が終日運営に携わった。また、天理駅前広場の舞台では、天理大学生有志のダンスチーム「JOYOUS STYLE BROTHERS」が普段のボランティア活動のつながりから出演し、元気なストリートダンスを披露して大いに行事を盛り上げた。

「天理大学の学生さんにはたすけてもらっています」

知的障害児者支援「あおぞら倶楽部」の山形真美さんは、「天理大学の学生さんは、皆この活動への思いを持って参加してくれていて助かっています。天理大学のダンスチームのメンバーも普段から体操教室などを手伝ってくれていますし、マンモスの学生さんも常にボランティアに来てくれています。本当に天理大学の学生さんにはたすけてもらっています」と話してくれた。

“人のために”という心で-貢献性の実践の場

今回出演した前記のダンスチームのポリシーである「“人のために”という心で、ダンスを通して陽気を伝える」(代表・根岸伸吏・人間関係4)は、まさに本学が掲げる「貢献性」の実践にほかならない。

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ