天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. TOEIC IPテストで925点取得の兎本香苗さんにインタビュー
 【英米語専攻】

TOEIC IPテストで925点取得の兎本香苗さんにインタビュー

 1月に学内で行われたTOEIC IPテストで英米語専攻の学生数名が900点を突破した。
そのうちの一人の兎本香苗さん(3年)は925点を取得した。今回、兎本さんにTOEIC900点越えを果たすための勉強方法、今後の予定・目標を聞いてみた。
また、別のページでは、同じTOEIC IPテストで905点を取得した宮内元浩君(4年)にも900点越えのための勉強方法などを伺い、その内容を記載している。

兎本 香苗さん(3年)

勉強方法

私が今回のTOEICで925点を取ることができたのは日々の勉強の成果だと思います。まず一番大切なのはTOEICそのものの勉強よりも「英語」に慣れることだと思います。そのため日々自分の関心のある小説や本をたくさん読み、英語で多くの情報をたくさん取り込むように努めました。多読では多くの単語に触れることができますし、英語をそのまま取り入れるのにとても有効な勉強方法だと思います。多読とはまた別にTOEIC用にTOEICの専門単語をテスト前に集中的に勉強するようにしました。TOEICに出てくる単語にはある程度の偏りがあり、それらの単語を勉強することがTOEICの点数を効果的に上げる方法だと思います。より多くの単語を知ることによって、より早く問題文を解く事ができますので、TOEIC専門の単語を勉強することも大切だと思います。

リスニング力を鍛えるためには日々Podcastで生の英語を聞くようにしました。もちろんTOEICのリスニングの形式になれることも大切ですが、Podcastのような生の英語を聞くことが自分自身のリスニング力の全体的なレベルアップに繋がったと思います。

最後にTOEICはあくまでも英語を測るものであり、私は英語力そのものを鍛えるように努めています。
TOEICで高得点取るためだけに勉強しても実際に英語力は上がりません。そのため私はTOEIC高得点のための勉強よりも英語力そのものを向上できるように日々勉強しています。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ