天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. (株)モンベル会長 辰野 勇氏と行く立山三山縦走路登山を実施予定
 

(株)モンベル会長 辰野 勇氏と行く立山三山縦走路登山を実施予定

「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」の新たなる事業として実施

 天理大学は平成24年度から、文部科学省が推進する「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」に滋賀・京都・奈良の16大学と共に採択されて、各種事業を進めているが、このたび新たな事業として、アウトドア総合ブランド(株)モンベルの全面的な協力を得て、「(株)モンベル会長 辰野 勇氏と行く立山三山縦走路登山」(主催:天理大学 協力:(株)モンベル)を実施する。

 これは、「2泊3日の高山登山をやり遂げる上で、各人が自らの体力、技術、嗜好(しこう)などに応じて衣食住を準備することや、基本的な生命の安全を図ることなど、自己の管理と責任のもと行動することを学ぶとともにチームのメンバーで助け合うことによって、個としての生きる力とチームで協力する力を養うこと」を目的として実施するものである。 

事業計画

・第1回研修(7月14日・モンベル本社) 事業説明=登山の基礎知識の学習・登山装備の扱い方・会社見学
・第2回研修(8月25日・生駒山麓公園) デイキャンプ=テントの設営・食事調理指導
・立山三山縦走路登山(9月6日~8日) 立山雷鳥沢をベースキャンプとして、立山三山を縦走

7月14日、モンベル本社で第1回研修を開催。会社見学も実施

 モンベル本社で開催された第1回研修は、本学学生、滋賀大学、天理医療大学などから7人が参加した。

 まず主催者として、本学の岡田龍樹教授(生涯教育専攻)が、「今回の登山は各自がテントや寝袋、食料などを背負って現地まで行き、仲間とパーティーを組んで歩くことになる。個人で自己管理をしながら仲間と助け合うこと、さらに同行の辰野モンベル会長から多くを学んでほしい」と趣旨の説明を行った。

 続いて辰野会長から、「今回の登山で、生きる力としての集中力・持続力・判断力、そしてそれを生かす決断力を学んでほしい。山登りはまさにそういう力を身につけることができる場である。一人ひとりが本当に自分の自主的な判断、決断を持って自己責任で行動してほしい」と話があった。

 そのあと、モンベルのスタッフからウエアやテントなどの登山装備の扱い方の説明と実演、9月の立山の気象、健康管理、ザックのパッキングなどの講習を受けた。

 講習後、一同はモンベル本社の各部署を見学したが、各部署で見る実際のビジネス現場の緊張感は参加者にとっていい経験となった。

 今後、第2回研修、本番の登山と順次活動を報告していく予定である。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ