天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 現役学生が漢語会話班OB会を企画・開催
 【中国語専攻】

現役学生が漢語会話班OB会を企画・開催

 中国語専攻の学生が組織する中国語サークルの漢語会話班(通称、漢会班)は、かつて中国語コンテストの最高峰であった朝日スピーチコンテスト中国語弁論大会に毎年のように出場し、好成績を残してきた。同大会で4年連続優勝を果たした時期は「天理の黄金時代」と呼ばれ、今でもOBの記憶に鮮明に留まっている。同コンテストがなくなった今、「漢語橋」世界大学生中国語コンテストが最高峰のコンテストとなっているが、現役班員は同コンテスト入賞を目指して研鑽を積み、世界大会一等賞に輝くなど、新たな歴史を築きつつある。漢会班OBは社会に出てからも、その高い語学力から「中国語の天理」の名をとどろかせており、OB総数はすでに300人を超えている。
 このOB会は、単にOB同士が旧交を温める場ではなく、現役班員がOBの前で中国語の朗読・暗誦・スピーチ等を披露して、自分の実力をアピールする場でもある。今年は、現役班員に負けじと、かつて全国大会で入賞を果たしたOBが自慢の朗読を披露、今後このOB会が現役学生とOBが互いに影響を与え合う場として発展してゆく可能性を示した。ま昨年に引き続き今年も杣之内集会所での開催となった。ここはOBが在学中に頻繁に集った思い出の場所であることから、今回出席したOBはもちろんのこと、今回出席できなかったOBからも「来年もぜひ杣之内集会所で開催してほしい、来年こそは誘い合って参加したい」という声が多数寄せられている。

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ