天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. バスケットボール部男子 西日本学生選手権優勝!
 【クラブ】

バスケットボール部男子 西日本学生選手権優勝!

 6月1日から6日まで行われた第60回西日本学生バスケットボール選手権大会で、バスケットボール部男子が、2年ぶり2度目の優勝を果たした(同大会は昨年未開催のため、事実上2連覇)。

 同部は、2008年5月の同大会優勝以来、学生の関西、西日本レベルの大会をすべて制覇、今年に入っても5月の関西学生選手権で優勝、破竹の快進撃を続けている。

 準決勝は、5月の関西学生選手権決勝で対戦した近大に苦戦し、76−71と薄氷の勝利。しかし、決勝の愛知学泉大戦では、序盤から平尾充庸(体育3、写真右下)が3ポイントシュートを5本中、5本決めるという活躍を見せ、リードを広げていく。その後も長身のファイ・サンバ(国際4、写真左下)がゴール下を制圧、確実にリバウンドをものにするなど、最後まで主導権を握ったまま順調に加点。ディフェンス面でも高い位置から圧力をかけ、78-54と愛知学泉大を寄せ付けなかった。

 なお、今大会の個人賞でも、二杉茂監督が優秀監督賞を受賞したのをはじめ、平尾充庸が最優秀選手賞、大谷拓也(体育3)が優秀選手賞、ファイ・サンバがリバウンド王、清水陽平(国際文化3)がディフェンス王をそれぞれ受賞。しっかり守って、どこからでも得点できる総合力の高さを証明した。

 これで、関西学生選手権に続いて、今年2冠を達成したバスケットボール部男子。秋の関西学生リーグ3連覇、冬のインカレ初制覇にいやが上にも期待が高まる。

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ