天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 中国語コース2年次生 各種コンテストで大活躍
 【中国語コース】

中国語コース2年次生 各種コンテストで大活躍

各種コンテストで大活躍!

 来年1月に東京で行われる「第27回全日本中国語スピーチコンテスト」の奈良県大会が9月17日奈良国際研修会館で行われ、中国語コース2年次生の大西善宏君(写真中)が«弁論の部»で優勝。そして、11月19日のテープ審査で、全国大会〖大学生部門〗に出場する8人のうちの1人に選ばれた。全国大会での活躍が期待される。また、奈良県大会の«暗誦の部»に出場した芝田和摩君(同コース2年・写真右)が奨励賞を受賞した。
 大西君は「全国大会出場を目標に、先輩や留学生に指導を仰ぎながら一生懸命に練習した。また、先生には原稿の内容から感情表現に至るまで熱心に指導いただいた。全国大会では皆さんの期待に応えられるよう、悔いの残らないスピーチをしたい」と決意を語る。

 また、12月5日には、大阪市のOCATビルで「2009年JAL中国語スピーチコンテスト大阪大会」が行われ、芝田和摩君が特別賞を受賞した。
 同13日には、「西日本学生中国語連盟燎原会第33回暗誦・弁論大会」が京都外国語大学で行われ、吉本一誠君(中国語コース2年)が優勝、大西善宏君(同)が2位、鈴木理史君(同)が3位と上位を独占するとともに、本学中国語コースの学生が大会3連覇を達成し、同コースの教育レベルの高さを印象づけるものとなった。
 優勝した吉本君は「1位を取れたことに正直驚いた。個人指導してくださった先生や留学生には心から感謝している。もっともっと上達したい」と語った。

中国語コース関連情報

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ