天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 小学校後藤校長が平成21年度文部科学省教育者表彰を受賞
 【学校法人天理大学】

小学校後藤校長が平成21年度文部科学省教育者表彰を受賞

 平成21年度の文部科学省の教育者表彰の受賞者に、天理小学校校長後藤典郎氏が選ばれ、11月30日に東京の国立劇場にて表彰式が行われた。
 教育者表彰は、学校教育の振興において功績が顕著な教育者を表彰するもので、後藤氏は、以下の功績が認められ、受賞に至った。

【功績概要】

・昭和44年に天理高等学校第1部の国語科教諭として入職以来、信条教育を行う同校の「高等学校としての普通教育を施すと共に、陽気ぐらし世界実現のため、天理教の教えをもって、人類・社会に貢献できる有為な人材を育成すること」を目標とし、教育内容の充実に努め、社会のあらゆる分野で活躍する人材の輩出に寄与した。

・ラグビー部の副部長及び部長を歴任し、全国大会で3回優勝に導くと共に、部員の進路指導の面においても実績を上げた。さらに、天理高等学校の学生寮の塾長及び寮長を務め、日々喜怒哀楽を共にすることで、課外活動においても生徒とのつながりを大切にし、社会に役立つ人材を育成することを目標とする教育を実践した。

・天理小学校校長として、「朝起き・正直・働き」という信条教育を行う同校の校訓を基に奉仕活動を大切にし、社会に役立つ人材を育成することを目標とする教育を実践している。

・児童には基礎基本をきちんと習得してもらうために、始業前の計算や漢字練習などの時間を重視すると共に、教員には、創意・工夫のある教育を目指すため、日々の授業研究に積極的に取り組むよう指導するなど、永年、多岐にわたり充実した初等中等教育の実践及び私学振興に寄与している。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ