天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 北京五輪・パラリンピックで活躍の天理大学関係者が天理市より表彰!
 

北京五輪・パラリンピックで活躍の天理大学関係者が天理市より表彰!

天理市功労者表彰を受けるアーチェリー北京パラリンピック代表の中西彩さん

 11月3日の文化の日、天理市文化センターにて、天理市の発展に貢献した市民を表彰する平成20年度天理市表彰式が行われ、森本さかえさん(学校法人職員)、中西彩さん(大学職員)、在学生の小櫻千奈美さん(体育学部2年)が功労者表彰を受けた。
 今回の受賞は、森本さかえさん、小櫻千奈美さんが北京五輪女子ホッケー日本代表(さくらジャパン)として北京五輪に出場したこと、中西彩さんがアーチェリーで北京パラリンピックに出場して、4位入賞したことが評価されたもの。
 表彰式の冒頭で、南佳策市長より「受賞者の方々に心から敬意と感謝の意を表明します」と挨拶が述べられた後、自治、福祉、教育など各方面で活躍した方々が表彰された。
 受賞者の一人である中西さんは、受賞について、「大変光栄です。これからも障害者スポーツをより発展させていくために、頑張っていきます」と感想を述べた。

<写真:表彰を受ける中西彩さん>

※代表チームには本学関係者が選手16名中9名選出され、北京五輪開催中には天理市のアーケードでテレビ観戦応援を行ったが、南佳策天理市長や今西康世市会議長も駆けつけ、市民とともにホッケーのミニスティックを持って応援した。

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ