天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 瑞松韓日学術賞を受賞
 【国際文化学部】

瑞松韓日学術賞を受賞

多くの韓国学研究者を創設以来輩出してきた功績が認められ

瑞松韓日学術賞受賞式

 5月9日、韓国ソウルの世宗(セジョン)大学校で開かれた第4回瑞松韓日学術賞授賞式で本学は、「1925年に朝鮮語部を開設し多くの韓国学研究者を輩出した功績」が認められ、同賞を受賞。本学の橋本武人学長と松尾勇国際文化学部長が出席した。

 同賞は、韓国と日本の相互研究・理解をもとに、隣国として協力と友好親善を持続しつつ、今後さらに大きな成果がもたらされることを期待する趣旨で、韓国日本学会初代会長李栄九(イ・ヨング) 前中央(ジュンアン)大学校教授の私財を基金として、2004年2月に制定されたもの。授賞対象者は、日韓両国に関する研究および文化交流に大きく貢献し顕著な業績を残した、日韓両国の研究者および団体となっている。
 本年の韓国側の受賞者は、李成圭 仁荷大学校教授が日本語学研究に多大の功績を残したとして表彰された。

○受賞理由「多くの韓国学研究者を輩出した功績」について
 本学は、前身である天理外国語学校が1925年に設立された際、朝鮮語部を開設した。これは、天理教海外伝道者の養成をめざし、「脱亜入欧」という西洋志向が強烈な時代に、「道は近きより遠きへ」という創設者のポリシーで、朝鮮語、中国語、インドネシア語、ロシア語の4カ国5地域の言語の語部が設置されたことにはじまる。
 当時の朝鮮語教育機関は、現在の東京外国語大学の前身である国立高等商業学校附属外国語学校のみであったが、1927年には国策により廃科された。そのような時代的な状況の中で、天理外国語学校設立より現在に至るまで、途切れることなく朝鮮語教育を行ってきている。私学ではもちろん、国立の大阪外国語大学が1963年に朝鮮語学科を開設するまで、日本における唯一の朝鮮語教育機関であった。

 また、朝鮮学の総合学会である「朝鮮学会」は1950年10月に発足。1951年5月に学会誌である「朝鮮学報」第1輯が発行され、1960年より年4回発行し2007年度末(2008年3月)には第206輯を発行する予定。そして、年1回、大会を開催している。
 学会事務所は創立当初から本学内に置き、創設時より現在に至るまで「学校法人天理大学」から多額の補助金を受けて「朝鮮学報」の印刷・発行ならびに学会運営を行っている。学会長は歴代の天理大学長が推挙され、朝鮮学を専門とする本学の専任教員は必ず役員を務めることになっている。会員数は約600人、その内韓国の会員は約100人数える。

 また、長年の朝鮮語研究・教育の集大成ともいうべき、朝日対訳辞書である『現代朝鮮語辞典』を1967年1月に朝鮮学科研究室の教員が中心となって編纂・上梓し、毎日出版文化賞も受賞している。

○瑞松賞について
 本賞は韓国と日本の相互研究と相互理解をもとに、隣国として協力と友好親善を持続しつつ、今後さらに大きな成果がもたらされることを期待する趣旨から、韓国日本学会の創設者のひとりである李栄九(イ・ヨング)前中央大学教授の私財1億ウォンを基金として、2004年2月21日に制定された。瑞松は李栄九氏の号である。本賞の授賞対象は韓日両国に関する研究および文化交流に大きく貢献し顕著な業績を残した韓日両国の研究者および団体である。 

 韓国における日本学の研究は、両国の過去の歴史を顧みるとき、その国民感情と国家の状況からして決して容易なことではなかった。まして、その学問研究の成果に対して賞を制定し顕彰するということはさらに困難なことであった。その意味ではこの賞の意義はきわめて大きいといえる。より広い視点から両国の文化を学ぶことができるようにするために制定されたこの賞は、今後も日本学ならびに韓国学を真摯に研究する人たちにとって大きな励みとなるであろう。

○李栄九氏の業績
 ・前(韓国)中央大学校教授(日語日文学科)
 ・韓国日本学会(1973年2月1日創立、現在会員数1,259人)の会長を7期12年歴任
  1979年~1988年(第3代~第7代)、1991年~1994年(第9代~第10代)
 ・研究・学術業績
  1.博士学位論文
   1981年「芭蕉芸術の哲学的解明—物の本性と時間性に関する研究—」
   (忠南大学校)
  2.著書・単行本
   1994年『松尾芭蕉研究』中央大学校出版部
  3.訳書
   1981/1991年『日本文学概論』(松田武夫・市古貞次共著)教学研究社
   *本訳書は韓国日本学会「日本文化叢書」(全15巻)の一冊
  4.教科書
   1987年『(高等学校)日本語 上・下』(共著)教学社

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ