天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 第36回五外大英語弁論大会で3位受賞
 【クラブ】

第36回五外大英語弁論大会で3位受賞

 近畿圏の外国語大学5校のESS部主催で開催されている第36回五外大英語弁論大会が12月15日、天理大学杣之内キャンパスで開催され、本学国際文化学部アジア学科韓国・朝鮮語コース3年次生の速水翼君が「I am an‘Otaku’」の題でスピーチし、3位となった。

 速水君は大会初参加で、大会に向けてはあまり積極的ではなかったが、ESS部の友人からの励ましもあり、1週間前からはそれまで以上に本気で練習したという。
 今回のスピーチに関しては、原稿の基本的な構成やスピーチの仕方などについて、顧問である中井英民・国際文化学部言語教育研究センター教授から指導を受け、原稿の添削などは同部の先輩が行うなど、周囲の支援もあったよう。
 
 スピーチの内容は、自己紹介に始まり、オタクが世界で広まっていることや自分のオタク体験談を語り、最後は「オタクは普通の人と同じ」と訴え、結んだ。
 速水君は、「大勢の人の前に立つのは初めてで緊張したが、実際に壇上に立つとそれほどでもなかった。スピーチの中で、自分の体験したことを顔で表現したことなどで会場が沸いた。今回、3位になったときは、嬉しさもあったが、なぜ選ばれたのかという複雑な思いもあった。講評では、体験談の内容がユニークで良かったと言われた。まだ、ESS部のメンバーにお礼を伝えられていないので、早く伝えたい」と、感想などを語った。

※五外大は、天理大学、関西外国語大学、神戸市外国語大学、京都外国語大学、大阪大学(旧大阪外国語大学)

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ