天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 第54回全日本学生弓道選手権大会
    女子個人戦(近的)で仲尾瞳さんが優勝!!
 【クラブ】

第54回全日本学生弓道選手権大会
女子個人戦(近的)で仲尾瞳さんが優勝!!

天理大学仲尾瞳さん弓道個人戦優勝

 第54回全日本学生弓道選手権大会は平成18年8月20日に愛知県体育館にて行われ、女子個人戦(近的)で、本学の仲尾瞳さん(国際文化3)が見事優勝を果たした。女子個人戦での優勝は本学初の快挙。
 試合形式は、予選が15間(28m)先の的に、一手皆中(ひとてかいちゅう-二本とも命中させる)で決勝進出を決め、決勝戦は、始めの3本は一尺二寸(36cm)の的に、その後は八寸(24cm)の的に向かって矢を射、はずした時点で負けとなる。
 「日頃の練習通り、射型(しゃけい-矢を射るときの一連の動作)と大配(たいはい-弓を射る以外の動作)に気を配りました」と語る仲尾さん。普段から、団体戦になったときに後輩達がリラックスできるように、自分が中(あ)てるとの自覚をもって練習に励み、一本一本に集中して練習に励んだ結果、約9割は中てることができるようになっていたという。
 「仲間の声援や監督のアドバイスが力になりました」。仲尾さんは難なく一手皆中で予選通過。決勝射詰では一本もはずせない緊迫した雰囲気のなか、的中を称える部員達の声援が体育館に響き渡る。決勝射詰7本目で残り2名に絞られた際、久保監督から「仲尾、普段通りや」とアドバイスされた。直後の8本目、リラックスして放った矢は的中、相手がはずした結果、見事優勝を果たした。



<写真:(有)スポーツ写真通信社提供>

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ