天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 第15回アジア大会ドーハ2006 天理大学から選手として、
    在学生・卒業生あわせて18名出場!!
 【体育学部】

第15回アジア大会ドーハ2006 天理大学から選手として、
在学生・卒業生あわせて18名出場!!

2006年12月1日~12月15日、カタール・ドーハで行われる第15回アジア大会に、天理大学在学生5名、卒業生13名、計18名が出場する。出場選手(在学生、卒業生)は、以下の通り。

○テコンドー
          山路 藍 (体育2)
○柔道
    コーチ   正木 嘉美(体育学部教授)
          江種 辰明(体育99年卒)

○ソフトテニス
          川村 達郎(体育03年卒)

○ホッケー男子
 監 督      長屋 恭一(体育72年卒)
 コーチ(女子兼任)シアン ジヨン パトリツク(国際文化96年卒)
          坂本 博紀(体育1)
          川上  啓(体育4)
          穴井 善博(体育1)
          伊藤 満 (体育01年卒)
          坪内 一浩(体育04年卒)
          山堀 貴彦(体育98年卒)
          伊藤 亮 (体育03年卒)

○ホッケー女子
 監 督      恩田 昌史(天理大学名誉教授)
 助監督      中村 真理(体育85年卒)
 ヘッドコーチ   柳 承辰(天理大学ホッケー部女子監督)
          小野真由美(体育4)
          岡村 育子(体育99年卒)
          加藤 明美(体育94年卒)
          筑井 利江(体育98年卒)
          岩尾 幸美(体育98年卒)
          森本さかえ(体育99年卒 学校法人天理大学所属)
          小森 皆実(体育05年卒)
          駒澤 李佳(体育05年卒)


 なお、ホッケーについては、北京オリンピックの出場がかかっており、男女とも、優勝又は準優勝で出場。
また、中国が優勝した場合、男子は3位以内、女子は2位以内、中国が準優勝の場合、男女とも3位以内でオリンピック出場となります。
 本学選手の活躍および日本選手団のご活躍を期待しています。

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ