天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 本学学生が家族で出場し、「全日本仮装大賞」でグランプリ獲得!!
 

本学学生が家族で出場し、「全日本仮装大賞」でグランプリ獲得!!

 5月5日読売テレビで放送された「欽ちゃん&香取慎吾の第78回全日本仮装大賞」に、本学人間学部宗教学科1年次生の池田浩大君が、両親と兄弟2人の家族5人で出場し、見事グランプリに輝いた。浩大君一家は、これまで何度か本選に進んでおり、「努力賞」に入選したこともあるが、今回念願の頂点に立った。
 浩大君の父親・泰理さんも同じく宗教学科出身(昭和59年卒)。

 作品のタイトルは「池に映る風景」。母親・和子さんが一枚の絵を見て“これをやりたい”と構成を考え、泰理さんがセットを作り、練習に4カ月かけたという。
 ストーリーは、岸辺の人物と水面に映った人物の動きがシンクロナイズし、最後は風で飛んだそれぞれの麦わら帽子が水面で一つになるというもので、見事な締めがグランプリへの一押しになったよう。
 水面に映る人物を演じたのは和子さん。セットのバーに足をかけ、逆さまにぶら下がる状態なので、最初は10秒もできなかったが、練習を重ね、最終的に演技時間の1分間ぶらさがれるようになった。この、執念に似た和子さんのがんばりに家族は引っ張られたという。
 浩大君は、「グランプリを獲得した嬉しさと信じられない気持ちが同時にやってきた」と番号を聞いた瞬間の気持ちを振り返っていた。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

卒業生のための就活支援

東日本大震災に対する対応

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ