天理大学

附属おやさと研究所

宗教研究会

宗教研究会は、年数回の予定で開催され、宗教そのものの研究だけでなく、諸宗教などの現況などについても研究しています。最近では「教祖論」や「巡礼・布教」「宗教と戦争」「いのち」など、 学外の宗教者や研究者を招き、さまざまなテーマで行っています。

■2016年

第26回「2016リオパラリンピック大会 視察報告 ─2020東京大会に向けて─」(2) 11月28日(月) 
難波真理(天理スポーツ強化推進室)

■2014年

第25回「同性愛と同性婚─宗教はどう受け止めるべきか」(2) 12月13日(土)
「アメリカ合衆国における同性婚と宗教」浅香知己(同志社大学一神教学際研究センター特別研究員)

第24回「同性愛と同性婚─宗教はどう受け止めるべきか」(1) 7月13日(日)

「キリスト教と性─とくに同性愛者差別/排除をめぐって─」堀江有里(公益財団法人・世界人権問題研究センター専任研究員、日本基督教団牧師、関西学院大学神学部等非常勤講師)

第23回「現代世界の“死”に見るいのちの危機と宗教の課題(6)」 2月25日(火)
「死(限界)と生を視野に入れた教育」カール・ベッカー(京都大学 こころの未来研究センター)

■2012年

第22回「現代世界の“死”に見るいのちの危機と宗教の課題(5)」 12月15日(土)
「イスラームにおける死の捉え方」小田淑子(関西大学)

第21回「現代世界の“死”に見るいのちの危機と宗教の課題(4)」 2月18日(土)
「生死と永久(とわ)の「いのち」ー人間の存在構造の視点よりー」棚次正和(京都府立医科大学)

■2011年

第20回「現代世界の“死”に見るいのちの危機と宗教の課題(3)」 7月21日(木)
「東日本大震災とグリーフケア」小西達也(上智大学グリーフケア研究所)
「慈済の死生観と宗教的実践」廖欽彬(台湾国立中山大学助理教授)

第19回「現代世界の“死”に見るいのちの危機と宗教の課題(2)」 3月19日(土)
「憩い家における緩和ケアの現況」松尾理代(天理よろづ相談所)
「コメント 宗教系病院における宗教的ケアとスピリチュアル」金子昭

第18回「現代世界の“死”に見るいのちの危機と宗教の課題(1)」 2月12日(土)
「死生観」打本未来(愛染橋病院チャプレン)
「コメント 日本における終末ケア」堀内みどり

■2010年

第17回 「開祖論・教祖論の構築・脱構築 — (4)」 1月23日〔土〕
「断片化される教祖像 — 世界救世教いづのめ教団信者の体験談を手がかりとして」 武井順介 (立正大学人文科学研究所)
「平田篤胤と気吹舎 — 教祖論・開祖論からみた「大人」と門人組織」 遠藤 潤 (國學院大学)

■2009年

第16回 「開祖論・教祖論の構築・脱構築 — (3)」 8月1日〔土〕
「教祖が語る・教祖を語る」 宮本要太郎 (関西大学)
「如来の化身としての親鸞・一学徒としての親鸞」 井上善幸 (龍谷大学)
第15回 「開祖論・教祖論の構築・脱構築 — (2)」 1月31日〔土〕
「新宗教文化の脱教団的展開 — 思想としての教祖研究」 長岡 崇 (大阪大学大学院)
「日蓮はどのように語られたか? — 近代日蓮像の構築過程の文化分析」 大谷栄一 (南山宗教文化研究所)

■2008年

第14回 「開祖論・教祖論の構築・脱構築 — (1)」 11月1日〔土〕
「「教祖論・開祖論の構築・脱構築」の研究会について」、「天理教の教祖伝」 幡鎌一弘 (おやさと研究所)
「金光教における教祖探究の一断面 — 教祖の自伝的資料と伝承資料の間」 竹部 弘 (金光教教学研究所)
第13回 「都市と旅 — 巡礼・布教 — (5)」 2月9日〔土〕
「関東における太神楽事情 — いわゆる「江戸太神楽」と水戸大神楽をめぐって」 北川 央 (大阪城天守閣)
「富士参りへの憧れ — 伊勢志摩地方の富士参りの唄」 萩野裕子 (奈良教育大学非常勤講師)

■2007年

第12回 「都市と旅 — 巡礼・布教 — (4)」 8月4日〔土〕
「如来教の成立・展開に都市と旅が果たした役割 — 「国民」形成の時代趨勢と民衆宗教」 神田秀雄 (天理大学)
「近世における近江八景の存立構造と参詣者 — 唐崎の松を事例に」 青柳周一 (滋賀大学)

■2006年

第11回 「都市と旅 — 巡礼・布教 — (3)」 12月9日〔土〕
「江戸庶民の身延山巡拝 — 法華信仰の形態を探る —」 望月真澄 (身延山大学)
「法華山一乗寺の巡礼札から見る近世の西国巡礼と庶民信仰」 幡鎌一弘 (おやさと研究所)
第10回 「都市と旅 — 巡礼・布教 — (2)」 7月29日〔土〕
「地域の経済・生活秩序の変容と信仰受容の諸相」 児山真生 (金光教教学研究所)
「大和における富士信仰と富士講 — 南都の事例を中心に —」 山形隆司 (芦屋市立美術博物館)

■2005年

第9回 「都市と旅 — 巡礼・布教 — (1)」 12月3日〔土〕
「近世の都市と宗教をめぐって — 研究会の趣旨 —」 幡鎌一弘 (おやさと研究所)
「館蔵名所案内版図にみる富士山信仰の一例、及び、描出手法上の浮世絵版画の影響」 中谷哲二 (天理大学附属参考館学芸員)

■2004年

第8回 「宗教と戦争(3)」 7月31日〔土〕
「戦前・戦中の天理教の中国伝道」 佐藤浩司・堀内みどり・深川治道
「戦時体制とキリスト教 — 日本基督教団の地方教会対策と海外伝道を中心に」 一色 哲 (甲子園大学助教授)
第7回 「宗教と戦争(2)」 3月29日〔月〕
「暁烏敏の戦時の言説をめぐって — 「国民宗教」の創出」 福島栄寿 (真宗大谷派教学研究所)
「戦時体制期の経験と今日の神社神道」 菅 浩二 (國學院大學日本文化研究所共同研究員)

■2003年

第6回 「宗教と戦争(1)」 12月6日〔土〕
「天理教亜細亜文化研究所の誕生と天理教学 — 研究会の主旨 —」 幡鎌一弘
「戦時下の生活と信仰、教祖探求」 大林浩治 (金光教学研究所)

■2000年

第5回 「比較啓示論(2)」 芹澤 茂 12月18日〔月〕
 

■1998年

第4回 「比較啓示論 — 教理の型」 芹澤 茂 7月16日〔木〕
第3回 「ヘイドン・ホワイトの「歴史の詩学」と宗教研究」 岡田正彦 1月13日〔火〕

■1997年

第2回 「比較啓示論(仮称)について — 宗教の理解(続き)」 芹澤 茂 11月11日〔火〕

■1996年

第1回 「宗教の理解 — 十柱の神と裏守護をめぐって —」 芹澤 茂 4月10日〔水〕
このページの先頭へ