天理大学

  1. HOME
  2. 教育・研究
  3. 附属おやさと研究所

附属おやさと研究所

設立理念

 「おやさと」とは、人間が生まれ出された“もと”であり、またそれを目指して帰るもと・ふるさとなのです。そこは、人間創造の元の親神がいまし、たすけの親の教祖(おやさま)がおられるところです。
「おやさと研究所」は、その“もと”の所以をたずね、それを一般の論理にゆだねることができるように整備することを目的としています。つまり、時代とともに進化する知性によって生じる、啓示と現代思潮とのギャップを埋め、時代に適応する教学の研究を展開する役目を担うのが当研究所です。
天理教の信仰に生きる研究者が、教えの本質を求めつつ、その伝道の有り様について、地球規模(Global)な視野で考え、ローカル(Local)な視点で行動する道を探り、混迷する現代社会に希望の灯りをともすべく研究活動を進めています。

NEWS

2021年度 公開教学講座

  2021年度公開教学講座 
─信仰に生きる『逸話篇』に学ぶ(7)─

【開催趣旨】

 教祖のご在世時、道の先人たちは教祖から直接聞いたお言葉をしっかりと心に治め、生涯、自ら信仰を生きる心の指針としました。そうした教祖の逸話は、世代を超えて語り伝えられ、お道の信仰の支えになっています。
この公開教学講座では、『稿本天理教教祖伝逸話篇』における教祖の逸話を手がかりとして、お道の信仰世界の一端を明らかにしたいと思います。そこでテーマは、昨年度に引き続き、「信仰に生きる『逸話篇』に学ぶ」シリーズの7回目といたしました。
なお、今年度の公開教学講座は、9月と10月はオンライン配信となります。11月以降の開催方法の詳細は追ってご案内いたします。


第2回(10月1日オンライン配信開始)
金子昭所員 127話「東京々々長崎」

→こちらをクリックして(押して)、ご視聴ください
 




第1回(9月1日オンライン配信開始)
永尾教昭所長 110話「魂は生き通し」
→こちらをクリックして(押して)、ご視聴ください



2021年度公開教学講座 一覧
----
第1回(9月1日オンライン配信開始) 永尾教昭所長 110話「魂は生き通し」
第2回(10月1日オンライン配信開始) 金子昭研究員 127話「東京々々、長崎」
第3回(11月25日) 尾上貴行研究員 130話「小さな埃は」
第4回(12月25日) 澤井治郎研究員 138話「物は大切に」
第5回(1月25日) 島田勝巳研究員 123話「人がめどか」
第6回(2月25日) 澤井義次研究員 115話「おたすけを一条に」

→2020年度公開教学講座 動画アーカイブスはこちら

『グローカル天理』第22巻 第8号発行

*月刊研究所報『グローカル天理』 ( Glocal Tenri ) 第22巻第8号発行(2021年8月1日付)を発行いたしました。

TENRI JOURNAL OF RELIGION No.48 発行

2020年度版 TENRI JOURNAL OF RELIGION (No.49) が、2021年3月に発行されました。

おやさと研究所年報 第27号発行

 おやさと研究所年報 第27号が、2021年3月26日付で発行されました。

グローカル新書16 『「おふでさき」の動詞からの探求』発行

*グローカル新書16 『「おふでさき」の動詞からの探求』(深谷耕治)(2020年2月26日)を発行いたしました。

伝道参考シリーズ38『天理教北米伝道と日系移民─異文化適応とトランスナショナルな視点から見た歴史と展開』発行

*伝道参考シリーズ38『天理教北米伝道と日系移民─異文化適応とトランスナショナルな視点から見た歴史と展開』(尾上貴行)(2021年2月26日)を発行いたしました。

『天理教事典第三版』発行

20年ぶりの全面改訂版となる『天理教事典 第三版』(天理大学附属おやさと研究所編 天理大学出版部)が、326日に刊行されました。

 

内容

原典を読むために

教理を理解するために

先人の信仰を知るために

海外への展開を知るために

天理教の組織・制度を知るために

天理教のこれまでと今を知るために

いつ何があったかすぐわかる 天理教史年表付き

 

B5判・上製・箱入り・1,192ページ

本体5,000+  



お求めは

天理教道友社各販売所他

道友社Webストア 

 
*ネット通販サイトAmazonからでも購入できるようになりました。
 

問い合わせ

天理教道友社 書籍販売係

電話0743-63-4713 FAX0743-63-5513

このページの先頭へ