天理大学

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 文学部
  4. 歴史文化学科考古学・民俗学専攻

考古学・民俗学専攻

新着情報

いにしえの人々の営みを、じっくり見つめる。

考古学・民俗学専攻の教育目標

  • 考古学・民俗学を融合した、地域に根ざした歴史認識
  • 文化財の調査能力
  • 海外との比較をふまえた自文化像の理解
天理大学考古学・民俗学専攻は、考古学による遺跡・遺物の研究と、民俗学による習俗の研究とを組み合わせた教育を行い、実地調査などによって専門的な知識や技術を体得させ、学際的な視野をもつ人材の育成をめざしています。

考古学・民俗学専攻の特色

 本学の近くには、石上神宮、西山古墳など史跡・文化財が多く、伝統的な民俗文化を伝える集落も多く点在し、飛鳥や纏向の遺跡も至近距離。

 こうした恵まれた環境の中で学べることは、他大学にない大きな特徴です。

 さらに、高度な研究・実験に欠かせない各種顕微鏡や遺跡探査のためのレーダー探査機など、実習の設備機器が充実していることも特色のひとつです。

受け入れ方針と養成する人材像

 本専攻は、

  • 歴史や文化の謎解きが好きな人
  • 外に出て調べることが好きな人
  • 遺跡や博物館に行くのが好きな人
  • 世界の考古学や民俗学にも興味がある人
を求め、4年間の教育をとおして、
  • 博物館の学芸員として活躍できる人
  • 文化財を調査・保護・活用し、地域に貢献する人
  • 卒業論文の作成を通じて養われる、みずから企画し、調査し、発表する能力を持った人
  • 歴史を学び、楽しむ、生涯を通じた学習能力を持った人
に育てます。

考古学・民俗学専攻パンフレット

天理大学考古学・民俗学専攻Facebook

考古学・民俗学専攻の関連ページ

このページの先頭へ