天理大学

天理大学の国際交流について

夏期日本語講座

夏期日本語講座について

  •  2020年(第33回)天理大学夏期日本語講座 開催中止のお知らせ
 本年7月8日~20日の日程で開催を予定しておりました「第33回天理大学夏期日本語講座」について、新型コロナウイルスの全世界的な感染拡大を受け、【中止】することになりました。
 
毎年たくさんの参加者を送り込んでくださっている海外協定校の関係者の皆さま、更には、すでにオンライン申請で申し込みをしていただきました皆さまには、大変ご迷惑をおかけしますが、何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
歓迎会
本学では、海外交流協定校との学術交流活動の一環として夏季休暇中に「夏期日本語講座」を毎年開催しております。伝統ある日本語教育に加え、日本の歴史や文化に間近に触れる校外学習や課外活動、さらに親身に生活面の世話をする天理大学生のサポートなどが毎年参加大学より高い評価を頂いております。
授業の風景
着物の着付け
浴衣を着て流しそうめん
京都観光
USJ

講座内容

2020年(第33回)天理大学夏期日本語講座

1.基本情報
期  間:2020年7月8日(水)~20日(月)までの13日間
対  象:天理大学の海外学術交流協定校の学生及びその他の海外大学の学生(日本語レベルは問いません)
募集人数:100名(定員になり次第締め切ります)
参 加 費 :11万円(協定校からの参加者)/13万円(協定校以外からの参加者)
宿  舎:和室(4~5人一部屋の予定)

2.内容
経験豊富な講師陣による1日3時間×10日間の授業
興味のある文化・スポーツクラブ活動への参加〔希望学生のみ〕
日本文化に触れる文化体験〔茶道・着物着付け〕
日本の「古」に触れる企画〔天理、明日香村、京都〕
日本の「今」を楽しむ企画(選択)〔USJ、淡路・鳴門海峡〕

※以上の内容は変更される場合がありますので、予めご了承ください。

詳細は、以下の要項をご覧下さい。

天理大学夏期日本語講座要項(PDF)

このページの先頭へ