天理大学

天理大学の国際交流について

夏期日本語講座

夏期日本語講座について

歓迎会
本学では、海外交流協定校との学術交流活動の一環として夏季休暇中に「夏期日本語講座」を毎年開催しております。伝統ある日本語教育に加え、日本の歴史や文化に間近に触れる校外学習や課外活動、さらに親身に生活面の世話をする天理大学生のサポートなどが毎年参加大学より高い評価を頂いております。
授業の風景
着物の着付け
浴衣を着て流しそうめん
京都観光
USJ

講座内容

2018年(第31回)天理大学夏期日本語講座

1.基本情報

期  間:2018年7月8日~20日までの13日間
対  象:天理大学と学術交流協定のある海外大学の学生(日本語レベルは問いません)
募集人数:100名(定員になり次第締め切り)
参 加 費 :11万円(協定校の学生)/13万円(非協定校の学生)
宿  舎:和室(4~5人一部屋の予定)

2.内容
  • 経験豊富な講師陣による1日3時間×10日間の授業
  • 興味のある文化・スポーツクラブ活動への参加(希望学生のみ)
  • 日本文化に触れる文化体験(茶道、着物着付け)
  • 日本の「古」に触れる企画(天理、明日香村、京都)
  • 日本の「今」を楽しむ企画(USJ、海遊館などから選択)
※以上の内容は変更される場合がありますので、ご了承ください。

詳細は、以下の要項をご覧下さい。


天理大学夏期日本語講座要項(PDF)

このページの先頭へ