天理大学

宗教学科

卒業論文・研究

平成25年度 宗教学科卒業論文題目一覧

天理教の世界観—陽気ぐらしについて—

脳死・臓器移植について

「神饌」の意義と本質—石上神宮に学ぶ「神饌」の意義について—

ようぼく論

高知県における天理教の伝道—高岡大教会を中心に—

ジョン・レノンに見る宗教的要素—「ラブ&ピース」を中心に—

「身上さとし」の意味と構造—深谷忠政の天理教学—

少年ひのきしん隊の意義とひのきしんの役割

だめの教えについて—宗教多元論的な状況をふまえて—

天理スポーツ—二代真柱と人材育成—

ブラジルにおける天理教の信仰継承の特色—ブラジル修養会について—

終末期医療における天理教の役割

神尾知にみる医学と信仰

天理教の里親制度—現状と課題—

天理教の救済方法—「さづけ」の理を中心に—

天理教と修養科の意義—三ヶ月で何が変わるのか—

現代日本人とパワースポット—伊勢神宮を訪れて—

ソクラテスの「徳」について—「徳」は「知」である—

戦後日本の社会と創価学会

現代日本人と宗教—現代日本に見える宗教の新しいかたち—

松村吉太郎の信仰と実践

イスラームのジハードについて

四十九日間の神人問答考

岸和田だんじり祭—現代の伝統的祭りの独自的一類型として—

天理教の教会後継予定者が抱く“漠然とした不安”—インタビューを通して—

天理教の「たすけ」にみる里親活動—天理教里親活動を支える信仰とは—

中山正善・二代真柱と信条教育

ハンセン病元患者の天理教信仰

若者から見た新・新宗教の信仰の姿—現代の若者の宗教離れという視点から—

天草におけるカクレキリシタン

祭とその宗教的感覚—柳川啓一の宗教論を踏まえて—

天理教原典に見る夫婦観—現代日本人の夫婦における諸問題を踏まえて—

祭りの存在意義—今日まで受け継がれてきた理由とは—

J・デューイの宗教論—理想目的のめざすもの—

大嘗祭におけるヲスについて—折口論と岡田論から見て—

現代社会における宗教的なものとその意味—河合隼雄の臨床心理学的理論をめぐって—
このページの先頭へ