天理大学

大学院臨床人間学研究科臨床心理学専攻

資格取得と修了後の進路

「臨床心理士」試験合格率

 本大学院の修了生は、全国平均と比較して高い合格率を誇っています。 
 対話と実践を重視し、院生自身の個性や臨床家としての姿勢を育む本大学院の教育姿勢が、難関とされる二次面接での高い評価につながっています。
   
  

修了後の進路

心理職として、教育・医療・福祉などのさまざまな現場で活躍する道がひらかれています。

※公認心理師になるためには、公認心理師国家試験(修士2年生の2月頃に受験見込み)に合格する必要があります。
※臨床心理士になるためには、修士課程終了後に、(財)日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格する必要があります。

●職種
・児童擁護施設 心理職
・精神科クリニック サイコロジスト
・スクールカウンセラー
・適応指導教室 心理職 など

●就職実績(常勤)
・社会福祉法人 因伯子ども学園
・社会福祉法人 天理養徳院
・児童養護施設 白梅園
・西宮市教育委員会 
・京都市児童相談所
・群馬県スクールカウンセラー
・精神科病院常勤カウンセラー
・万葉クリニック など

修了後さらに学べる機会も提供

 本大学院には、本大学院修了生を対象とした、臨床心理学専攻研究生およびカウンセリングルーム研修生受け入れ制度があります。本学で1年間さらに臨床経験を積み、臨床心理学を学び、次のステップに繋げていけるようバックアップしています。
このページの先頭へ