天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 卒業生からのメッセージ「いろんな経験が今につながる」
 【歴史文化学科 歴史学研究コース】

卒業生からのメッセージ「いろんな経験が今につながる」

2020年3月に歴史文化学科歴史学専攻を卒業された平元大晴さんが近況を寄せてくださいましたので、HPで紹介させていただきます。

「いろんな経験が今につながる」    平元大晴

私は今、淡路島にあるホテルで目まぐるしい日々を過ごしています。ホテル業界は人の入れ替わりが激しく、卒業して3年しか経っていませんが気がつけば私も会社で上の立場になりました。現在はフロントカウンターに入り業務を行う一方で、新入社員たちの教育を担当する研修リーダーを務めています。

学生時代の私はどちらかと言うと遊びやバイトを優先する学生でした。今思えばもう少し授業も真面目に受けていたらなと思いますが、そんな学生生活でも学ぶことは多く、バイト先や遊びでの経験や知識が今の仕事に活きてきていることも多数あります。加えて、私は学科会に所属しており、3回生時には副会長も務めていました。多くのことを企画し、人を束ね動かすということも経験しました。何より、周りを見る力がそこで培われたと自分で感じています。

また、経験や知識以上に私の財産になっているのが学生時代を共にした友人たちです。今は会える機会も多くはありませんが、何かあれば連絡を取り合っています。ある友人は、私のホテルでプロポーズをし結婚をすることになりました。友人のプロポーズを微力ながらサポートできたのも嬉しかったです。

私は最初からホテルマンになりたかった訳ではなく、大学に入学した当初は教員になりたいと思っていました。しかし、大学で行われた合同説明会で今の会社の説明会に参加し、魅力を感じて就職を決めました。ホテルの知識や技術など入社当時の私にはなかったですが、大学時代に経験した色々なことが自分の武器になり、仕事に馴染んでいけました。歴史を勉強していたので歴史の話をお客様としたり、子どもと接するバイトをしていたので子どものお客様と仲良くなれたり、同期の人達とは違った私らしいアプローチの仕方でお客様と接することができました。

現在は研修リーダーとして、大学時代に学んだ「教育」を活かすことができています。 学生時代に自分がこの職業に就くと思っていなかったし、想像もしていませんでしたが、大学時代の色々な経験が今に繋がっているんだと感じています。学生の皆さんにもいろんな経験をして欲しいと思います。(2020年3月卒業、『歴史学専攻だより』12号、2022年12月、より転載)

歴史学研究コース(旧専攻)からのお願い

歴史文化学科歴史学専攻(現、研究コース)は、1992年(平成4年)4月に開設され、2022年(令和4年)、30周年となりました。卒業生の皆さんの学生時代の思い出や近況を rekisi[○]sta.tenri-u.ac.jp までお寄せください([○]は@)。お待ちしております。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ