天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 第22回外国人留学生スピーチ大会で天理大学生が1位(優秀賞)を獲得
 【日本研究コース(留学生対象)】

第22回外国人留学生スピーチ大会で天理大学生が1位(優秀賞)を獲得

12月8日、第22回外国人留学生スピーチ大会(奈良地域留学生交流推進会議主催)が行われ、天理大学国際学部地域文化学科日本研究コースの2年生であるヴァン・ティ・ギャン・ヒウ(ベトナム社会主義共和国)さんが「わたしを成長させてくれた貴重な体験」の演題で出場し、見事、1位(優秀賞)を獲得しました。本大会において天理大学は、昨年に続き優秀賞を輩出、二連覇を達成しました。

奈良女子大学学術情報センター内国際セミナー室で行われたこの大会には、県内の8つの大学などがから、それぞれ代表1名が参加しました。

本学代表で登壇したヒウさんは、昨年の「第30回奈良県留学生・研修生の日本語による体験発表会」では、JICA関西所長賞を受賞しており、その際の体験談や、昨年「国際交流サマーキャンプ」に参加して感じたことなどをふまえ、残り2年間の留学生活に対する抱負を述べました。

ヒウさんは、流暢な日本語で、残りの学生生活を最大限に活用して、勉学だけでなくボランティア活動やイベント活動へも積極的に参加し、将来はベトナムと日本をつなぐ架け橋として活躍したいとの夢を語りました。

ヒウさんコメント
「今回のスピーチコンテストに向けて、原稿を先生に直していただいたり、鏡の前で練習したり、コンテストを想像して練習してきました。少し緊張しましたが、堂々と話すことができたと思っています。他の出場者の方たちもすごく上手だったので、私が1位と聞いてすごく驚きました。コンテストの出場者たちと友達になることもでき、貴重な体験ができて本当に嬉しいです。これからもコンテストがあったら参加したいです。そして、夢に向かって頑張りたいと思います。」

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ