天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 世界大学スポーツクライミング選手権で西田秀聖選手が優勝
 【お知らせ】

世界大学スポーツクライミング選手権で西田秀聖選手が優勝

6月14日〜17日、オーストリア・インスブルックで行われた「FISU世界大学スポーツクライミング選手権2022」に天理大学の西田秀聖選手(体育2年・天理)が出場し、金メダルを獲得しました。

日本からはスポーツクライミングの3種目(スピード、ボルダリング、リード)において一定の選考基準を満たした大学生男女17名が出場。西田選手が出場したリード男子は表彰台を日本人選手が独占するなど、日本勢は金メダル4つを含む11のメダルを獲得しました。
小学3年生でスポーツクライミングを始めた当初から世界一を目標に練習に励んできた西田選手。天理高校3年生だった2020年には、「第33回リードジャパンカップ」を制すなど、これまでにも数々のタイトルを獲得してきました。

リード男子に出場した今大会では予選から上位をキープし、準決勝を3位で通過しましたが、自身は「決勝で勝てるとは思っていなかった」と振り返ります。迎えた決勝、西田選手は序盤から着実に高度を上げ、完登まであと一歩に迫る高度43+で見事王者に輝きました。

現在は週4日、奈良と大阪のクライミングジムで汗を流すかたわら、スポーツの指導法を習得するため体育学部で学んでいます。学業が競技にも活かされ、「『スポーツコンディショニング論』の授業がきっかけで、シーズン中とオフシーズンそれぞれのトレーニング方法を大きく見直した」と話します。

今後は秋に行われる「ジャパンカップ」をはじめ、来年の「リードジャパンカップ」など国内大会で成績を残し、ワールドカップへの出場を目指します。

西田秀聖選手コメント

「怪我もあり十分な練習ができていなかったので、優勝できて驚きました。時間が経つにつれて実感が湧いてきて今は喜びでいっぱいです。
スポーツクライミングは自分との勝負。今大会を通して、これまで行ってきたトレーニングがどの程度世界に通用するのか、自分がどんな立ち位置にいるのかを知れたことが最も大きな財産になりました。スポーツクライミングは完登できた時の達成感はもちろん、戦略を考えている時間も楽しいので、興味を持っていただけると嬉しいです。」

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ