天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 関西大学春季トーナメント2022 決勝戦
 【ラグビー部】

関西大学春季トーナメント2022 決勝戦

関西大学春季トーナメント2022(7月3日、親里競技場)決勝戦で、天理大学ラグビー部は京都産業大学ラグビー部と対戦し、31対31で引き分け、両校優勝となり3年ぶり4度目の優勝を決めました。

前半5分に先制のトライを京産大に奪われますが、天理大も12分にターンオーバーから、LOナイバルワガ・セタ選手(地域文化4年・秋田工業)がトライ。その後は一進一退の攻防が続き、前半終了間際の41分、天理大はラインアウトからモールを形成し、NO8パトリック・ヴァカタ選手(地域文化2年・日本航空石川)が右中間にトライ、ゴールキックもSO福本優斗選手(体育3年・上宮太子)が成功させ、19対18と勝ち越し、1点リードで前半を折り返します。

後半開始6分、CTB上野颯汰選手(体育2年・関商工)がトライを決め、24対18とリードを広げますが、その後、京産大にトライやペナルティゴールを決められ、24対26と逆に京産大にリードを奪われます。

天理大は、26分に途中出場したPR松野楓舞選手(地域文化2年・松山聖陵)がゴールポスト右にトライ。ゴールキックも決まり、31対26と再び逆転します。

このまま逃げ切りたい天理大でしたが、試合終了間際に京産大にトライを決められ、31対31でノーサイド。2016年大会と同様の天理大学・京都産業大学の両校優勝となりました。

FL 照井 悠一郎 主将(体育4年・天理)

「優勝ということで、負けなかったことはプラスに考えていますが、試合を通じて修正点や自分たちの弱いところがはっきりと見えたので、そこをしっかりと練習して秋のシーズンへ向けていいかたちを作っていきたいです。」

小松 節夫 監督

「内容的に不満は残りますが、強い京産大さんとの対戦だったので、そういう意味では悪くはなかったと思います。現時点での足りないところや修正していかないといけないところが見えたので、秋のシーズンに向けてしっかりと練習していきたいと思います。」

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ