天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 「第1回全日本空手道体重別選手権大会」の優勝報告
 【空手道部】

「第1回全日本空手道体重別選手権大会」の優勝報告

6月11日、12日に開催された「第1回全日本空手道体重別選手権大会」(高崎アリーナ)の男子組手-60㎏において優勝を飾った天理大学空手道部 橋本大夢(体育4年・兵庫工業)主将が、永尾教昭学長に優勝報告を行いました。

この大会は、東京2020オリンピック後に新設された、国内では初となる体重別選手権大会。オリンピックのレガシー大会として、各地区協議会の代表選手、高体連、実業団、全空連推薦選手に加え、昨年のオリンピックに出場した4選手も参加する中、橋本選手は決勝ラウンドへ勝ち進み、見事、初代チャンピオンに輝きました。

懇談の席で永尾学長から大会を振り返っての感想を問われた橋本選手は、「伸び悩んでいたときも支えてくれた両親や、監督・コーチ・仲間のおかげで空手ができることに日々感謝しています。これからも人間としても成長できるように精進していきたいです。」と、周囲への感謝の言葉を述べました。

オリンピック選手との対戦も制し優勝を果たした橋本選手を讃えた永尾学長は、11月に行われる全日本大学空手道選手権大会での空手道部の更なる活躍を期待して激励の言葉をかけました。

橋本選手コメント

「大会では勝ちにこだわりすぎず楽しもうと思って挑みました。グループリーグの第2試合ではリードされたまま制限時間の半分が過ぎて焦りもありましたが、このままではいけないと、右から左へと構えを変え、逆転勝ちすることができました。それ以降の試合は自分のペースで臨むことができました。決勝戦では4点先取した後、同点に追いつかれてしまいましたが、最後まで集中力を高め、逃げに走らず攻めきることができたので、それが結果につながったと思います。」

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ