天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 中国語専攻の学生が2022年大阪春節祭イメージ大使に
 【中国語専攻】

中国語専攻の学生が2022年大阪春節祭イメージ大使に

本学中国語専攻の3名が「2022年大阪春節祭イメージ大使」に任命され、1月16日、あべのハルカス近鉄本店会議室で行われた授与式において任命書が授与されました。

大阪春節祭(株・日中文化事業団主催・運営)は、華僑・華人だけでなく日本人や外国人観光客にも大阪の地で春節の伝統行事を楽しんでもらいたいとの思いから、「2017中国春節祭in大阪天王寺」として開催され、今回で6回目となります。

今回イメージ大使として選ばれた大学生・大学院生は7名で、そのうち4名は中国からの留学生。日本人学生3名は全て本学の学生が選ばれました。イメージ大使となった学生は、春節祭の期間中イベントの司会を担当するなど、春節祭の様々な宣伝活動に参加します。

なお、このイベントは、当初、2月5日~6日に開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大による影響を考慮し、4月に延期されることとなりました。開催期間中には、天王寺公園エントランスエリア・てんしばにおいて、特設舞台で中国舞踏や音楽などが披露され、春節ならではの獅子舞や龍の舞が見られます。また、飲茶や中国料理の屋台が並び、本場中国の味を気軽に楽しむことができる予定です。

イメージ大使に選ばれた中国語専攻の学生コメント

池田宇藍さん(2年、奈良大学付属)
「中国人留学生と共に作り上げていくなかで、語学力向上も目指したい。また、特別な機会なので精一杯楽しみ、皆さんに楽しんでもらえるような春節祭にしたい。」

竹田智博さん(2年)
「たくさんの人に春節祭の魅力を伝えたい。日本の方々にも中国文化を知ってもらえるよう精一杯おもてなしできればと思う。」

森尾豪人さん(2年、五條)
「中国人留学生との協働という貴重な体験により、中国語によるコミュニケーション力を向上させたり中国文化の理解を深めるたりすることができるのではないかと大いに期待している。」

中国語専攻竹田治美教授のコメント

「「春節」は旧暦のお正月のことで、中華圏では新暦の正月よりも盛大にお祝いをします。大阪春節祭はとても規模が大きく、はじめて行った時、関西にこんなにたくさん中国語圏の方がいらっしゃるのかと驚きました。変面や中国各地の舞踊など、普段見られない中国文化のパフォーマンスも披露されるので、ぜひ日本の方にも中国文化の多様性と素晴らしさを体験していただきたいと思います。天理の学生と留学生の元気のいい司会で春節祭を盛り上げてほしいと期待しています。」

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ