天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 馬術部による馬とのふれあいイベントを開催
 【馬術部】

馬術部による馬とのふれあいイベントを開催

8月6日、馬術部による、在学生に向けた「馬とのふれあいイベント」が開催されました。初回のモニターとして参加した学生たちは、馬術部員の指導のもと、西山古墳横の馬場での乗馬や、厩舎でのブラッシング、エサやりなどを体験しました。

馬術部では、昨年9月14日より、不登校の小中学生を対象とする「馬とのふれあいイベント」に取り組んできました。子どもたちを厩舎に招待し、乗馬や掃除、ブラッシングなどを体験してもらうことで、コミュニケーションの機会を創出したり、緊張を和らげたりすることをめざしています。
こうした取り組みに一定の効果を実感したことから、活動の対象を、ストレスの多いコロナ禍で学生生活を送る在学生にも広げたいと考え、今回のイベントを実施することとなりました。

馬術部の部長を務める、谷口直子准教授(人間学部人間関係学科生涯教育専攻)は「昨年より活動を続けるなかで、明るさを取り戻したり、笑顔が増えたりする子どもたちを目の当たりにして、効果を感じてきた。対象を在学生に拡大することで、コロナ禍で気持ちが塞ぎ気味になっているような学生の力になれれば」と現在までの活動と今後への意気込みを語りました。

また、馬術部主将の坂本拓哉さん(歴史学研究コース4年・上野)も「愛情をかけた分、必ず返してくれるのが動物。そうしたやりとりを通じ、積極的なコミュニケーションができるようになった子どもたちが多くいることに、やりがいを感じている。歴史ある馬術部の伝統を受け継ぎながら、同時にこのような活動を通じ社会貢献ができるクラブとして進化していきたい」と力強く語りました。

参加者からも、「実際に乗馬などを体験して非常に楽しかった。今回モニターとして参加することで、気持ちが辛くなっているような学生の参加を促すことに貢献できたらうれしい」「馬とのふれあいで幸せな気持ちになれるのが非常に良いと思った」、「動物とのかかわりはストレスを減らすと思う。今後もぜひ参加してみたい」との好意的なコメントが寄せられました。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ