天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 雅楽部がオリンピック聖火ランナー奈良県最終地点で道楽を行いました
 【雅楽部】

雅楽部がオリンピック聖火ランナー奈良県最終地点で道楽を行いました

4月12日、天理大学雅楽部が、東大寺で行われた「東京2020オリンピック聖火ランナー」奈良県最終地点での平安京天平行事で、平調・五常楽急の道楽(みちがく)を行いました。

道楽とは、雅楽の演奏形式のひとつで、行列を作って歩きながら演奏をおこなうもの。

天理大学雅楽部は、聖火ランナー到着を先導する形で道楽を行い、沿道の観客から大きな拍手で迎えられました。

沿道の観客の方々のコメント

オリンピックの聖火を見ることが出来て嬉しいです。その聖火リレーで、日本の伝統音楽の雅楽を聞くことが出来て本当にありがたいし、感動しました。

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ